メニュー

骨粗しょう症について

骨の重さの約半分にカルシウムが含まれていますが、年齢と共にそのカルシウムの量は減っていきます。こうなると骨は非常に脆くなります。
女性では40歳代から骨量は減りはじめ、60代では50%、70代で70%が骨粗鬆症患者で、男性は70歳以上で40%といわれています。

検査

骨密度測定器超音波骨密度測定装置およびDIP法(Digital Image Processing)で骨密度を計測し、骨粗しょう症かどうかを診断し、 治療による改善効果をみながら治療可能です。

治療

食事と運動が大切です。骨粗しょう症の治療薬も進歩し、内服薬で良好な 効果のあるものもあります。是非一度ご相談下さい。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME