メニュー

高血圧・高脂血症について

高血圧症・高脂血症は動脈硬化の原因となります。心筋梗塞症、脳梗塞、脳出血、解離性大動脈瘤など動脈硬化に関係する病気はまず 食事と運動で予防することが出来ます。

食事について

1.高血圧予防
減塩に心がけて、薄味に慣らしていって下さい。 血圧が高めと指摘された方は7g/日まで塩分摂取量を減らすと、それだけで軽症の高血圧は正常化することもあります。

2.高脂血症予防

控えたい食品 摂りたい食品
卵黄、うなぎ蒲焼き、鶏レバー、牛タン、あなご、わかさぎ、ほたるいか、バターや生クリームをたっぷり使った洋菓子 卵白、豆腐、鶏ささみ、納豆、ツナ缶、牛乳、プレーンヨーグルト、ほうれん草、ジャガイモ、いちご、干しひじき、ごま

HDL(善玉)コレステロールを増やす食品:さば、さんま、ぶり、鰯、鮪赤身
コレステロールを減らす食品:ブロッコリー、芽キャベツ、ごぼう、きのこ、海藻
※尚、詳しい資料は多比良医院にあります。

目標

  • 高血圧治療:血圧値130/85mmHg未満にしましょう。
  • コレステロール:血中総コレステロール220mg/dl未満目標です。

早期発見の目安

血圧が高いと頭痛、だるさ、疲労感、動悸などが起こることが多いです。全く無症状である日突然脳出血で発見ということもありますので、健診で血圧が高めの方は、日頃からの血圧管理が重要です。 健診は必ず受けるようにしましょう。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME