メニュー

花粉症の治療について

花粉症樹木の花粉(杉、桧など)や草の花粉などが抗原となって起こる主に鼻、眼などに発症するアレルギー症状です。最近は杉花粉症に、舌下免疫療法で体質改善が可能になりました。

原因

樹木花粉(杉、桧、松など)が春に多く、草の花粉(フタクサ、イネ、カヤ)が夏秋に多いです。

症状

吸入抗原では、くしゃみ、鼻水、鼻閉塞を暴露後すぐに発症します。

検査

現在採血でアレルギーの原因となる抗原をチェック出来ます。

治療

ゼスランなどの抗ヒスタミン剤、抗アレルギー剤(レミカット、タリオン、アレロックなど)を用いた抗アレルギー療法を行います。予防薬には、インタール点眼、インタール点鼻などがあります。尚、当院では原則として治療の注射はいたしません。

予防

マスクなどを装着し、花粉を吸い込まない様に。花粉の多い日に帰宅時は、頭、服についた花粉を落とす。帰宅後にうがい、洗顔、手洗いを丁寧にしましょう。花粉が多く飛散する少し前から、予防薬でブロックをしましょう。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME